膜厚計(金属素地)
超音波膜厚計(非金属素地)
非接触型粉体塗装膜厚計
露点計
密着力試験器
厚さ計
表面粗さ計
膜厚標準
適用例
技術情報
ピンホール検知器
群馬事業所(機器関連)
〒379-0116
群馬県安中市安中4-3-5

℡ 050-1215-1825
Fax 050-3156-2726
メール market@hbsl.co.jp

担当 黒澤隆二

本社(航空機関連)

〒221-0843
横浜市神奈川区松ヶ丘4-3-5
松ヶ丘ビル4F
℡045-412-6772
Fax 045-412-6773
 超音波厚さ計
概要 機器選択 注文手引 付属品 ビデオ カタログ 問い合せ

超音波厚さ計 ポジテクタUTGは、超音波技術を使用して、鋼材及びプラスチックなどの厚みを測定します。計器本体(標準型及び高機能型)とプローブ(UTG-C及びUTG-M)から構成されています。

ステップ1: 計器本体の選択 (標準型あるいは高機能型))


 標準型モデル
共通仕様に加え...
  • 日の当たる場所でも見やすいディスプレイ
  • 250件のデータ保存
    閲覧、ダウンロード可能
 
標準型モデル
共通仕様に加え...
  • 高輝度リバーシブルカラーLCD
  • A-スキャン 超音波波形表示及びスクリーンキャプチャ可能な
  • B-スキャン 測定部材の断面情報表示
  • 10,000件のデータを1,000グループに分けて保存s
  • 個々のバッチ内に厚みなどの測定結果を保存
  • コメント、バッチ名などの変更を計器本体から実施可能
  • -PCへのデータ転送あるいはオプションのプリンタ への印刷可能
  • ヘルプ表示、グラフの即時表示

ステップ 2: プローブの選択 (UTG C プローブあるいは UTG Mプローブ)


UTG-Cプローブ

鋼材、プラスチックなどの材質の厚み測定。
タンク、パイプなど片方向からしかアクセスできない構造物の厚み測定に便利。

  • 耐摩耗性5 MHzデュアルトランスデューサ p
  • 薄い部材に対して自動V-パス補正

UTG-Mプローブ

塗膜通過機能だから塗膜を取り除くことなく塗装を行った測定対象物の厚みを迅速且つ正確に測定。

自動的に塗装厚みを除外して肉厚を計算するので、時間、費用を節約します。塗装がある構造物の肉厚を測定するのに最も最適な方法です。

  • 耐摩耗性の5MHz接触型アルミナプローブチップ
  • Toggle easily between..
    多重反射波モード -3以上の反射波を平均化して、正確、信頼性のある測定を実現
    単一反射波モード - ピット、内部の欠陥を検出。測定範囲は多重反射波モードよりも拡大。



Copyright © 1997, Honda Business Systems Ltd.
Last Updated: August 22, 2011