膜厚計の適用事例
デフェルスコ膜厚計及び関連検査機器の適用事例
 
プラスチック上の塗装膜厚測定
デフェルスコ社は、プラスチック上の乾燥被膜厚を非破壊式で測定するのに最適な携帯式・超音波膜厚計を製造しております。多くの製造業は、現在、品質プログラムにおいてこの非破壊式テクノロジーを使用しています。
ギターのラッカー被膜測定
ラッカーは美観、艶出しとしてギターに塗布されています。ポジテクタ200シリーズは木材やグラファイト上のラッカー乾燥被膜を測定するのに最適な計測器です。
鋼材、アルミ、木材上の粉体塗装被膜
粉体塗装では、塗装工程の出来るだけ早い時期に被膜を確認する手段が必要とされています。電磁・渦電流膜厚計PosiTector6000,超音波膜厚計PosiTector200、磁石式膜厚計ポジペン、ポジテストなどが用途に応じて使用されています。
アルミニウム陽極酸化被膜測定
アルミニウム陽極酸化被膜測定に最適な携帯・非破壊式膜厚計をご提供しています。ポジテクタ6000Nシリーズ及びNASプローブ、N0マイクロプローブでの測定事例を掲載しています。
熱溶射被膜上のシーラー密着力(英文PDF)
アルミ、亜鉛、これらの合金、複合材熱溶射被膜の密着力をASTM D4541 (Section E)に準拠して、ポジテストAT密着力試験器は測定できます。
超音波膜厚計によるプラスチック上の塗装膜厚測定
デフェルスコ社超音波膜厚計ポジテクタ2000シリーズはプラスチックに施工された殆どの被膜の厚みを測定できます。特に自動車産業で使用されています。
鋼材上の溶融亜鉛メッキ厚測定
電磁・渦電流膜厚計PosiTector6000Fシリーズ,磁石式膜厚計ポジペン、ポジテストなどが用途に応じて使用されています。
腐食、侵食の度合い測定
パイプ、船舶、貯蔵タンクなどの腐食、侵食度を検査するために超音波厚さ計UTGが使用されています。
密着力の測定
密着力試験器ポジテストATは、ドリーを使用して、被膜の結合力を測定することができます。
露点計による層塗装条件の測定
塗装前処理、塗装は施工時の環境(気温、湿度、塗装面の表面温度など)に影響されますので、これらの条件を測定することは品質面からも重要です。
針金上の被膜測定
針金上の被膜測定に理想的な種々の膜厚計をご提供しています。
耐火被膜厚の測定
これらの被膜は火炎から鋼材を保護するために施工されています。そのためには、施工される被膜厚が重要となってきます。また、この塗装は厚膜となっており、一般的な膜厚計では測定できません。そのため、デフェルスコ社では厚膜用としてポジテクタ6000FT,FKシリーズをご提供しています。
自動車の塗装膜厚検証
アルミニウムあるいは鋼鉄上の自動車塗装厚を測定するのに最適な携帯式膜厚計であるポジテストDFTをご提供しています。PosiTest DFT Fは鋼鉄上の塗装厚を1000μmまで測定することができます。ポジテスト DFT Cは膜厚計アルミニウム、鋼鉄両方の塗装厚を測定できます。
自動車塗装への適用
自動車塗装の補修業務に便利な携帯式・非破壊膜厚計を数多くご提供しています。
超音波厚さ計による航空機窓検査(詳細記事掲載予定)
航空機窓の修復作業時、その厚みを測定することは重要であり、この測定に便利な超音波厚さ計UTGをご提供しています。
プリント基板上の絶縁被膜厚測定
ダスト、水分、塩分、導電性ダストからプリント基板を保護するために絶縁被膜が適用されています。この被膜厚を測定するのに理想的な膜厚計をご提供しています。

乾式工法の壁上の塗装厚測定 (石膏ボード)
石膏ボード上の塗装厚を非破壊的に測定できる超音波式膜厚計の適用について記述しています。

メーソンリー(コンクリート等)上の膜厚測定
デフェルスコ社ではコンクリート上の被膜厚を非破壊的に測定できる膜厚計をご用意しています。この計器により、検査後の作業の後戻り、時間のロスを回避することができます。
スクリーン印刷での膜厚計利用 (メッシュ、乳剤、ステンシル厚)
ポジテクタ6000 FSシリーズ は、被印刷物及びインク、メッシュ、乳剤などの厚さを正確かつ非破壊式にて測定します。 
柑橘類の収穫条件測定での応用
柑橘類の収穫条件をチェックするのに露点計DPMを使用した例を記載しています。また測定結果をロギングすることによって、収穫時、収穫後の条件を最適化することも可能となります。
OPCドラムの磨耗測定
OPC ドラムは再利用及び磨耗解析を簡単に行なう正確な測定が要求されています。ポジテクタ6000NASにより、OPCのコーティング厚を簡単且つ経済的に非破壊式で測定できます。

 


[会社Home] [ 膜厚計Home ] [ トピックス ] [ 製品概要 ] [ 適用事例 ] [ テクニカルノート ] [ サイトマップ ][ お問い合せ]
梶@本田ビジネスシステムズ Tel 045-412-6772 FAX 045-412-6773 E-mail market@hbsl.co.jp.

2008 Honda Business Systems Ltd. Updated: February 8, 2008